The Devil Wears Prada p10 映画「プラダを着た悪魔」スクリプト

スポンサードリンク

 

<Script セリフ>

I tried to include all the lines. なるべくすべてセリフを入れるようにしました。

 

つまり、ミランダがなぜあの子を雇ったか分からないのよ。

I mean, I have no idea why Miranda hired her.

 

私もよ。先日、美容部で会ったんだけど、彼女、シュー・ウエムラのビューラーを持って、「これ何ですか?」って言ったのよ。

Me neither. The other day, we were in the beauty department.

She held up the Shu Uemura eyelash curler and said, “What is this?”

 

彼女を見た時から分かってたわ。この子、どうしようもないって――。

I just knew from the moment I saw her. She was going to be a complete and utter disas(ter)…

 

■utter (a) complete or extreme(形)全くの

 

ミランダ・プリーストリー事務所です。いいえ、彼女はいませんので、伝言をお伝えします。そうですか、では。

Miranda Priestly’s office. No, actually, she’s not available, but I’ll leave word. Okay, thanks. Bye.

 

どうやって――あなたの着てるのって――

How did…Are you wearing the…

 

シャネルのブーツ? そうよ。

The Chanel boots? Yeah, I am.

 

ステキだわ。何よ?ステキじゃない。

You look good. What? She does.

 

黙って、セリーナ。

Oh, shut up, Serena.

 

 

また明日。おやすみ。おつかれ。指、お大事に。

See you guys tomorrow. Good night, man. Take it easy. Take care of that finger, huh?

 

さあ、どう思う?

So, what do you think?

 

ここから離れたほうがいいかな。俺のガール・フレンドに見つかる前に。

Uh, I think we better get out of here before my girlfriend sees me.

 

ドレスがステキだわ、ラルフ。バーガンディーを使うわ。

The gowns are fabulous, Ralph. We’re gonna use the burgundy.

 

ポテトの調理法だけで一学期使ったんだぜ。手に持って指で押して、どれくらいの硬さか確かめる。

So we spent a whole semester on potatoes alone. You take the fry and squeeze it. See how firm that is?

 

ごめんなさい、遅れたわ。アクセサリー部で危機があったのよ。どうしてもヘビ革のヘアバンドが必要で。

Hey. Oh, I’m so sorry I’m late. There was a crisis in the accessories department.

I needed to find a python headband.

 

ヘビ革は今、流行だよね。

Python’s hot right now.

 

みんなにスゴいプレゼントがあるのよ。心の準備はいい?

I have exciting presents for all of you. Are you ready?

 

何それ?

What is that?

 

バング&オルフセンの電話よ。チャーリー・ローズがミランダの誕生日に贈ったんだって。ネットで調べたわ。1100ドルだって。

It’s a Bang & Olufsen phone. Charlie Rose sent it to Miranda for her birthday. I looked it up on line. It’s $1,100.

 

え?

What?

 

ワオ!

Wow!

 

他にもあるわ。メイソン・ピアソンのヘアブラシ。クリニークのセット。

And I have some products. Mason Pearson hairbrushes. A little Clinique.

 

うわっ、クッソ! 君の仕事最高!

Oh, damn it. I love your job.

 

もう一つ。ささいなものだけど。欲しい?

Oh! One more. A little thing. Do you want it?

 

ちょうだい!

Gimme!

 

欲しい――アラ。

You want…Oh.

 

ちょうだい、ちょうだい、ちょうだい!

Gimme, gimme, gimme!

 

気に入ったみたいね。

I think she likes it.

 

スゴイわ! これマーク・ジェイコブスの新作じゃない! どこも売り切れなのよ。どこで手に入れたのよ?

Oh, my God! This is the new MarcJacobs! This is sold out everywhere. Where did you get this?

 

ミランダが要らないって言うから――

Miranda didn’t want it, so…

 

ダメよ。このカバン1900ドルぐらいはするわ。もらえないわよぉ。

No, no, no, no, no. This bag is, like, $1,900. I can not take this from you.

 

どうぞ。

Yeah, you can.




 

なんで女ってそんなにたくさんカバンが必要なんだ?

Why do women need so many bags?

 

黙って。

Shut up.

 

一つあれば全部それに入れる。それだけ。以上。

You have one. You put all your junk in it, and that’s it. You’re done.

 

ファッションは利便性じゃない。アクセサリーは・・・個人のアイデンティティを表現するために使うんだ。

Fashion is not about utility. An accessory is merely a piece of… iconography…used to express individual identity.

 

それにキレイだし。

Oh! And it’s pretty.

 

それもだ。

That, too.

 

“ランウェイ”には単なるステキなバッグ以上のものがあると分かったのよ。

Yeah. Yeah, but, you know, the thing is, it turns out there is more to Runway than just fancy purses.

 

見て。ジェイ・マキナニーやジョアン・ディディオンがエッセイを書いてるし、クリスティアン・アマンプールでさえインタヴューしてるのよ。

Look, here’s an essay by Jay Mclnerney, a piece by Joan Didion.

Even an interview with Christiane Amanpour.

 

誰かさんは洗脳されちまったな。

Looks like someone’s been drinking the Kool-Aid.

 

■drink the Kool-Aid (phrase) blind acceptance of sth(フレーズ)鵜呑みにする

 

どういう意味?

What do you…


DUO 3.0

 

俺が出るよ。ああ、やっぱり鬼上司だ。

I got it. It’s…Yup, the Dragon Lady.

 

ミランダ?

Oh, Miranda?

 

私に話させてよ。

Let me talk to her.

 

返してよ。

I need that.

 

自分のスクランブル・エッグは自分で用意しろって言ってやるわ。

I’ll tell her to get her own scrambled eggs.

 

リリー、やめて!渡しなさいよ! 電話に出なきゃ! 電話渡してよ!

Lily, no, no, no! Put that thing up! I was gonna answer it!

It’s gonna make…Give me the phone.

 

ミランダ。もちろんです。ええ、すぐに行きます。

Hi, Miranda. Absolutely. Aha. I’m leaving right now.

 

こんなヒドいことすることないでしょ。

You know, you guys didn’t have to be such assholes.

 

 

すみません。ジェームズ・ホルトさんを探してるんですが。

Um, excuse me. I’m looking for James Holt.

 

あそこにいるのが彼よ。

Um, that’s him right there.

 

ありがとう。

Oh. Thanks.

 

いいえ。

No problem.

 

すみません。

Excuse me.

 

やあ。

Hi.

 

アンディです。ミランダ・プリーストリーの代わりに受け取りに来ました。

I’m Andy. I’m picking up for Miranda Priestly.

 

ああ、君が“新しいエミリー”だね。

Oh, yes. You…you must be the “new Emily”.

 

はじめまして。

Nice to meet you.

 

そのカバン見せて。すごくステキだね。手作業でほどこされたビンテージ加工とスタッズ付きのレザー。メタリック・フリンジ付き。

Oh, let me see that bag. Very, very nice. Distressed, studded leather, pieced by hand, finished with a metallic fringe.

 

■distressed(形)アンティーク・ビンテージ調の

■studded (形)スタッズ付き、(びょうや宝石などが)ちりばめられた

 

本当にステキだ。そんなステキなものを誰が作ったのかな?

Very nice, indeed. Who made that fantastic thing?

 

あなたよ。

You.

 

当然。こちらへ。

Hmm. Duh. This way.

 

■duh[dəː ] (exclamation) used to show that you think a person or statement is stupid or that sth is obvious(間)何をあたりまえなことを、当然でしょう

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です