英語中級者向けオーバーラッピング Learn English with “Life is Strange” ep4p5

スポンサードリンク

 

英語版ゲーム「ライフ イズ ストレンジ Life is Strange 」

Episode 4: Dark Room 暗室

Part 5

リピート再生・スロー再生・日英同時字幕表示

 

<オーバーラッピング練習用動画>

https://youtu.be/Gd_hy6FbqyQ

 

 

<英語スクリプト・日本語訳>

マックス:クロエ・・・私にこんなことできるのかな。友達にね、すべてを終わらせようとした子がいて・・・私は全力で彼女を救おうとしたの。なのにどうしてクロエの命を終わらせられる? きっと・・・別の方法があるよ!

Chloe…I really don’t know if I can do this. I had another friend who wanted to…end it all and I did everything I could to try and save her life. How can I be responsible for ending yours? I mean, there’s got to be another way.

 

クロエ:マックスはその子を見捨てなかった・・・。同じように私のことも助けて欲しいんだ。

Max, you were there for your friend no matter what. Now I’m asking you to help me the same way.

 

■no matter what (phrase) used to emphasize that sth is always true, or that sb must do sth(フレーズ)たとえ何があろうと

 

マックス:助けたいよ、クロエ。でも、こんなのは間違ってる。

I want to help you, Chloe, but I think my help is hurting.

 

クロエ:少なくともマックスには選択肢があるじゃない。決断したければ、すればいいだけ。でも私を見てよ。何から何まで・・・人任せ。最後ぐらい・・・一番重要な決断は自分で下したいの。お願いだから・・・力を貸して。

At least you have a choice. When you want to make a decision, you can just do it. Look at me, I’m at the mercy of…everybody. For once, I want to make my own choice…the most important one of my life. Please…help me, Max.

 

■at the mercy of (phrase) to be in a situation where sb or sth has complete power over you(フレーズ)~のなすがままに、~の言いなりで

 

マックス:クロエ。

Chloe.




 

クロエ:ただ眠って・・・マックスと一緒にいる夢を・・・永遠に見るだけだよ。

ホントにありがとう。写真家の夢、きっと叶えてよね・・・あたしを忘れないで。

I’ll just drift asleep…dreaming of us here together…forever.

Thank you so much.

I’m so proud of you for following your dreams. Don’t forget about me.

 

マックス:絶対に忘れない。

Never.

 

クロエ:大好きだよ、マックス。またね。

I love you, Max. See you around.

 

マックス:すぐに会えるよ。

ごめんなさい、ウィリアムおじさん・・・。

Sooner than you think.

I’m sorry, William…

 

 

クロエ:パパね、最新のパソコンを買うんだ。

Someday Dad will get one of them newfangled computers.

 

■newfangled (a) recently created or invented(形)最新の

 

ウィリアム:フラッシュで驚かせちゃったかな、マックス。これはキープだな。

I hope the flash didn’t scare you, Max. This is a keeper.

 

■scare (v) to (make a person or animal) feel frightened(動)怖がらせる、びっくりさせる

■keeper (n) sb with good qualities, who you can have a long relationship with or sth good that is likely to be successful or useful for a long time(名)〈話〉保有する価値のある物・人材

ウィリアム:もしもし? ああ、ジョイス!

え? ああ、食料品を買わないといけないのか。もちろん迎えに行くよ。

Hello? Hey, honey… What? Oh, I didn’t know you had to get groceries. Of course I’ll come pick you up.




 

 

ウィリアム:クソツ、車のカギはどこだ?

Shit, where are my keys?

 

クロエ:罰金でスウェアジャーに一ドル入れて!

That’s a dollar for the swear jar!

 

■swear jar (n) a coin bank that one puts a coin into whenever he says sth profane(名)誰かが汚い言葉(swear word)を言ったら罰金をいれるビン(Jar)

 

ウィリアム:罰金じゃなくて大学資金な。

発見、こんなところに隠れていたのか!

クロエもマックスもワインの試し飲みはナシだぞ・・・。

You mean your college fund. Keys, please…

A-ha! You can’t hide from me forever!

And no Chloe and Max wine-tasting session…

 

クロエ:パパー!

Dad!

 

ウィリアム:台無しにしないでくれよ、なんたってママがとびきりのサーモンサプライズとデザートのチョコレートケーキを作るって約束してくれたからね。

マックスもまだいてくれるだろ?

Don’t blow it because tonight your mother promised to make her world-famous salmon surprise with chocolate cake for dessert. Max, you’ll be here too, right?

 

■blow (v) to lose a good opportunity by making a mistake or by being careless(動)台無しにする、しくじる

 

クロエ:マックスはあたしとずっといるの!

She’s never leaving me!

 

ウィリアム:パパたちもだよ。

That makes all of us.

 

■That makes two of us./That makes all of us. (phrase) The same is true for me/us. (フレーズ)それは私(達)も同じです

 

クロエ:マックス、なんかチョー変だよ。もう二度と会えないみたいな顔してさ。

Max, you are being so fucking strange, like you’re never going to see us again.

 

マックス:クロエ、本当にゴメン・・・クロエのために変えようとしたんだよ・・・頑張ったんだけど・・・ゴメンね。

Chloe, I’m so sorry… I tried to make things different for you… I…I did try…I’m sorry.

 

クロエ:何のことを言ってるのかよく分かんないけど、でもね、マックスは変えてくれたよ。私の人生まるごと。親友じゃん。マックスがいて、家族がいて、何を不満に思うことがある? 私たちは一生友達だよ。それで大きくなったら二人で世界を征服するんだから。

I don’t know exactly what you’re talking about, but come on. You have made things different, like my whole life. You’re my best friend. I’ve got you and a great family. What’s to be sorry for? We’ll be best friends forever. And when we grow up we’re taking over the world.

 

■take over (phrase) to begin to have control of something(フレーズ)奪取する、乗っ取る、占領する

 

マックス:お願い、何が起こっても、クロエには強くいて欲しいの。私に見捨てられたとクロエが感じたとしても・・・私は絶対に見捨てたりしないから。いつでもクロエの味方だから。ずっと。

Listen, whatever happens, I want you to be strong. Even if you feel like I wasn’t there for you…because I will never abandon you, Chloe. I’ll always have your back. Always.

 

■have one’s back (phrase) to be ready to protect or defend sb(フレーズ)守る、背中から支える

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です