The Devil Wears Prada p9 映画「プラダを着た悪魔」スクリプト

スポンサードリンク

 

<Script セリフ>

I tried to include all the lines. なるべくすべてセリフを入れるようにしました。

 

ミランダは私が嫌いなのよ、ナイジェル。

She hates me, Nigel.

 

それは私の問題かな? 待てよ、違う、私の問題じゃないな。

And that’s my problem because, Oh, wait. No, it’s not my problem.

 

何をすればいいのか分からないわ。ちゃんとやっても知らんぷりで、ありがとうの一言もないし。でも何かミスをすると極悪になるの。

I don’t know what else I can do because if I do something right, it’s unacknowledged. She doesn’t even say thank you. But if I do something wrong, she is vicious.

 

じゃあ辞めれば。

So quit.

 

何ですって?

What?

 

辞職だ。

Quit.

 

辞職?

Quit?

 

後任の子は五分で見つけられる。本当にその仕事をやりたがっている子をね。

I can get another girl to take your job in five minutes, one who really wants it.

 

違う、辞めたいんじゃないの。そんなのフェアじゃないわ。ただ死ぬほど努力してるってことを少しでいいから認めて欲しいって言ってるの。

But I…No, I don’t wanna quit. That’s not fair. But, you know, I’m just saying that I would just like a little credit, for the fact that I’m killing myself trying.

 

■credit (n)public acknowledgement or praise(名)(やったことに対する)称賛

 

アンディ、真面目に。君は努力してない。君は泣き言をたれてるだけだ。

Andy, be serious. You are not trying. You are whining.

 

■whine (v) to complain in an annoying way(動)泣き言をいう

 

私に何を言って欲しいんだ?「可哀そうに。ミランダにイジメられて、可哀そうなアンディ」とでも言って欲しいのか?

What is it that you want me to say to you, huh? Do you want me to say, ” Poor you. Miranda’s picking on you. Poor you. Poor Andy”?

 

■pick on (v) to treat someone badly(動)いじめる




 

ん? 目を覚ませ、“サイズ6”! ミランダは自分の仕事をしてるだけだ。今世紀最高のアーティストたちを世に送り出す場所で働いているという自覚があるのか?

Hmm? Wake up, six! She’s just doing her job. Don’t you know that you are working at the place that published some of the greatest artists of the century?

 

■publish (v) to make information available to the public(動)世に知らしめる

 

ホルストン、ラガーフェルド、デ・ラ・レンタ。彼らの作り出すものは芸術よりも偉大だ。なぜなら日々それを着てるんだから。ああ、君はもちろん違うけど、ある人たちにとってはね。

Halston, Lagerfeld, de la Renta. And what they did, what they created was greater than art because you live your life in it. Well, not you, obviously, but some people.

 

ただの雑誌だと思うかい?“ランウェイ”は単なる雑誌じゃない。これは希望の光だ・・・例えば、ロードアイランドで6人兄弟で育ち、サッカーの練習に行くふりをして実際は裁縫教室に行って、夜は懐中電灯で照らしながら毛布の下で“ランウェイ”を読んだ少年にとっては。

You think this is just a magazine, hmm? This is not just a magazine.

This is a shining beacon of hope for…oh, I don’t know, let’s say a young boy growing up in Rhode Island with six brothers, pretending to go to soccer practice when he was really going to sewing class, and reading Runway under the covers at night with a flashlight.

 

どれだけの伝説がこの廊下を歩いたか君は知らないだろう。

知らないどころか関心さえない。ここで働けるなら死んでもいいという者も多くいるこの場所で、君は嫌々働いてくださってるわけだ。

You have no idea how many legends have walked these halls.

And what’s worse, you don’t care. Because this place, where so many people would die to work, you only deign to work.

 

■deign[déin] to do sth (phrase) to do sth unwillingly (フレーズ)(恐れ多くも)~して下さる、(嫌そうに)~してくれる


ENGLISH JOURNAL

 

それなのに、一日の終わりにミランダが君の額にキスして、宿題に花丸をつけてくれない理由はなぜなんだと問う。いい子だから目を覚ますんだ。

And you want to know why she doesn’t kiss you on the forehead and give you a gold star on your homework at the end of the day.

Wake up, sweetheart.

 

分かったわ。私はしくじってる。

Okay. So I’m screwing it up.

 

■screw up (phrase) to make a mistake, to spoil sth(フレーズ)失敗する、メチャクチャにする

 

しくじりたくない。ただどうすればいいか知りたい・・・ナイジェル。

I don’t want to. I just wish that I knew what I could do to…Nigel?

 

ん?

Hmm?

 

ナイジェル、ねえナイジェル。

Nigel, Nigel.

 

ダメだ。

No.

 

私に何を期待してるか知らないが――このクローゼットのどこにもサイズ6に合うものなんてないぞ。それは保証する。

I don’t know what you expect me to do. There’s nothing in this whole closet that’ll fit a size six. I can guarantee you.

 

サンプルはサイズ2と4だけだ。オッケー、これだな。それと――

These are all sample sizes two and four. All right. We’re doing this for you. And…

 

ポンチョ?

A poncho?

 

私が選んだものを着るんだ。気に入るよ。このドルチェ(・アンド・ガッパーナ)も。それと靴は・・・ジミー・チュウ。マノロ・ブラニク。ナンシー・ゴンザレス。それはいいぞ。ナルシソ・ロドリゲス。これは最高だ。たぶん着られるだろう。たぶん。オーケー。さて、シャネルだ。絶対にシャネルが必要だ。

You’ll take what I give you and you’ll like it.

We’re doing this Dolce for you. And shoes…Jimmy Choo’s. Manolo Blahnik. Nancy Gonzalez. Love that. Okay, Narciso Rodriguez. This we love. Uh, it might fit. It might. Okay. Now, Chanel. You’re in desperate need of Chanel.

 

さあ、行こうか? 美容部に行かないと。何時間かかるかは神のみぞ知る、だな。

Darling, shall we? We have to get to the beauty department, and God knows how long that’s going to take.

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です