英語中級者向けシャドーイング練習 Learn English with “Life is Strange” ep4p11

スポンサードリンク

 

英語版ゲーム「ライフ イズ ストレンジ Life is Strange 」

Episode 4: Dark Room 暗室

Part 11

リピート再生・スロー再生・日英同時字幕表示

 

シャドーイング練習用動画>

 

 

<英語スクリプト・日本語訳>

フランク:おや、これはこれは・・・ワンダーツインズかよ。一人で来るべきだろ。

Oh, look… The Wonder Twins. You should have come alone.

 

*The Wonder Twins: Superhero duo from American animated TV series ワンダーツインズ:米国アニメの双子のスーパーヒーロー

 

クロエ:彼女はあたしの相棒だ。

She’s my partner.

 

フランク:ああ、もしくはボディーガード気取りか。さあ、ビジネスの話をしようか。俺の金は?

Yeah, or bodyguard. So let’s get to business. Where’s my fucking money?

 

クロエ:金は・・・まだ用意できてない。

I—I don’t have the money… yet.

 

フランク:ああ、そうかよ・・・じゃあなんで金があるなんてメールした?

Oh, really… then why did you text me that you did?

 

クロエ:直接会って話したかったから。

Because I wanted to tell you in person.

 

■in person (phrase) with the personal presence or action of the individual specified(フレーズ)じかに、本人が直接に

 

フランク:ああ、そいつは感動的だぜ。で、テメェら本当は何しにここに来やがった?

Oh, I’m truly touched, Chloe. Now why are you losers really here?

 

クロエ:ちょっと聞きたいことがあるんだ。

We just wanna ask you some questions.

 

フランク:たいしたタマだぜ、だが却下だ。

ったく、わーったよ。だが売りもんはやらねえぞ。

You have some serious ladyballs. No.

Jesus, okay, okay. But I’m not getting you high.

 

■have lady balls (phrase) When a girl has the “balls” to do sth(フレーズ)(女性が)度胸がある、根性がある

*「have (the) balls 肝が据わっている、根性がある」のball は「睾丸」のことなので、通常は男性に対して使うが「ladyballs」とすることによって女性に対して使えるフレーズにしている

 

マックス:薬でハイになりにここに来たんじゃない。

Frank, we’re not here to get high.

 

フランク:だろうな、お前はそんなタイプじゃなさそうだ。クロエとは違ってな。で、ふたり組の探偵さん達は何をお探しで?

No, you don’t look like the type. Not like Chloe here. So what do you Hardy Boys want?

 

*The Hardy Boys: Fictional brothers in mystery series. ハーディー・ボーイズ:推理小説の二人組の兄弟探偵。

*エピソード3でのジョイスのセリフに「Nice try, Nancy Drew.」というものがありましたが、ナンシー・ドルーは少女探偵の代名詞的存在で、ふたり組探偵の代名詞的存在なのがハーディー・ボーイズ。日本で言うと「金田一」とか「名探偵コナン」的な感じ?

 

マックス:あなたの顧客の本名を教えてもらいたいの・・・。

Just the names of some of your clients…




 

フランク:おや、そんなもんでいいのか? なぜそう言わなかったんだ? ついでに車のキーもやろうか?

Oh, is that all? Oh, well, why didn’t you just tell me? How about I just give you the keys to my RV while I’m at it?

 

マックス:分かってないよ。これにはちゃんとした理由があるの。

You don’t get it, man. This is for a good cause.

 

■for a good cause (phrase) it is worth doing or giving to because it will help other people(フレーズ)大義名分の下で、正当な理由があって

 

フランク:ああ、分からないねぇ・・・特にお前の言うことなんかなぁ。いいか、俺はお前の口のきき方が気に入らねぇ。自分の方が分かってます、みたいな言い方しやがって・・・。

No, “man,” I do not get it… especially from a weirdo like you. You know, I hate the way you talk to me, like you… like you know more than I do.

 

マックス:そんなつもりは――

No, I’m not, I—

 

フランク:これだからブラックウェルのガキどもは嫌いなんだよ。平気で人にタカりやがる。タダで何でも恵んでもらえると思うなよ。こっちは商売なんだよ! 分かるか?

Christ, I hate you Blackwell shits. You expect everything for free. You’re not getting any handouts from me. I work for a living, you understand?

 

■handout [hǽndàut ] (n) something such as food, clothing, or money that is given free to someone who has a great need for it(名)〔乞食への〕施し、施し物、お恵み

■work for a living (phrase) to have as one’s job(フレーズ)食べるために働く

 

クロエ:ああ、そうだよなフランク。ブラックウェルの生徒をカモにしなきゃ、仕事がなくなるもんな。ヤクの密売人だもんな!

Yes, Frank. Without those Blackwell shits as customers, you wouldn’t have any work at all. Dude, you’re a drug dealer!

 

フランク:鼻もちならねぇガキだぜ! ひとんちに来て偉そうなこと言ってんじゃねぇよ! 説教なら教会で聞くから間に合ってんだよ! で、俺から何か欲しいって? ケツにナイフでも突き刺してやろうか、あん?

You snobby whores! Don’t come into my home and judge me! That’s why I go to church! And you want something from me? How about a blade up the ass, huh?

 

■snobby (a) characterized by snobbery(形)お高くとまった、鼻持ちならない

 

マックス:落ち着いて、フランク。話を・・・。

Calm down, Frank. Let’s just talk…

 

フランク:俺に指図するんじゃねぇ。分かったかクソアマ? 分かったか?

Don’t you ever tell me what to do. Get it, bitch? Get it?

 

クロエ:やめろよ!

Step the fuck back, now!

 

フランク:ポンピドゥー! 俺の犬を殺しやがった!

Pompidou! You fucking killed my dog!




 

マックス:そんな!

聞いて、クロエ。事実を言うけど、これ上手くいかないよ。

Oh, my god!

Listen, Chloe, I can tell you for a fact that this will not go well.

 

クロエ:時間を巻き戻したんだな・・・。で? 何をどうすりゃいいんだ?

Max, I should have known you would be kind and rewind…So tell me exactly what I need to do here.

 

マックス:とにかく慎重に。フランクをキレさせてはダメ。私達には彼の協力が必要なの。

Be careful, okay? Don’t give Frank any excuses to go ballistic. We need his help, Chloe.

 

■go ballistic (phrase) to become extremely angry(フレーズ)〈話〉〔人が〕カッとなる、怒鳴りだす、キレる

 

クロエ:あのな、そんなドジじゃねぇよ。あたしだって冷静な話し合いくらいちゃんとできんだよ。

You know, I’m not a total fuckup. Occasionally I can be both cool and careful…like now, okay?

 

■fuckup (n) a person who has a tendency to make a mess of things(名)〈卑俗〉大間違い、どじ、ぶち壊し、へまをやる人

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です